クリニックではなく育毛剤を選びました

薄毛治療のためにクリニックに行くか、それとも育毛剤を使うかとても迷いましたが、やっぱりクリニックに行くのは抵抗があるので、気軽な育毛剤を使うことにしました。

育毛剤を使ってからだんだん抜け毛がなくなってきました。

毎朝起きたら必ず枕を見てどれぐらい抜け毛があるのか数えてしまっていたのですが、最近はほとんど抜け毛がないので心の底からホっとしています。

鏡を見たら実年齢よりも5歳以上は上に見えていたのですが、最近は年相応になってきたなと思いました。

頭頂部が特に薄くなっていたのですが、髪の毛が太くなってきたおかげでボリュームがあり、薄毛に見えなくなりました。

育毛剤は1年使っています。

1年使えばこんなに変わるんだなと思いますね。

半年ぐらい経った頃からどんどん新しい髪の毛が増えてきましたし、髪質が変わってきたのがわかりました。

育毛剤を使っている人は気長に使うと良いと思います。

すぐに効果がないからといって諦めないでほしいですね。

育毛剤の効果がなければクリニックに行こうとまで思っていたので、この育毛剤に効果があり本当に助かりました。

育毛剤を使う毎日に慣れ、外出先でも人の視線が気になることはまったくなくなりました。

M字型の薄毛に良い育毛剤

M字型の薄毛は男性ホルモンのテストステロンが還元酵素5αリダクターゼによりジヒドロテストステロンに代謝されることが原因です。

そのため頭皮の環境を良くする目的で使用する育毛シャンプーでは実感できないことがありました。

そんなときでもジヒドロテストステロンに代謝させている還元酵素5αリダクターゼを抑える作用のある成分を配合している育毛剤なら実感できる可能性があります。

M字型の薄毛に良い成分としてはヒオウギエキスが良く知られています。

ヒオウギエキスはアヤメ科の植物であるヒオウギから抽出されている植物由来の成分です。

この成分には還元酵素5αリダクターゼの働きを抑え脱毛を予防する作用があります。

原因になっている元から対策ができるのが良い所です。

さらに女性ホルモンと似たような作用のあるイソフラボンが含まれており、男性ホルモンが優位になることで起きる薄毛でも実感しやすいです。

その他にもMMP-1と言うコラーゲンを分解し、頭皮を老化させ抜け毛を促進させる作用のある分解酵素の生成を抑える作用もあります。

医薬品には副作用が見られる成分が配合されていることが多いですが、ヒオウギエキスなら植物由来なので医薬品にある副作用の心配が無いと言うのもメリットです。

頭皮環境を整えて育毛剤を使う

頭皮の環境を整えていくことによって、育毛剤を使ったときの効果が高まります。

この良い状態を維持していけば、抜け毛の量も減っていく可能性があるし、生え際の後退をストップさせることもできるかもしれないのです。

育毛剤の効果が十分に発揮されるようになると、髪の毛に様々な効果が出てきます。

ビタミン類やタンパク質など髪の毛の成分を十分に補給するように心掛けていけば、髪の毛が太くコシのある固い状態に成長していく可能性があります。

髪の毛が細い人の場合、触ってみると明らかに固くなっていることが分かるのです。

このように、髪の毛の変化を確認することが出来るのであれば、育毛対策が間違っていないという事になるのです。

髪の毛は毎日のように観察してないと、育毛剤を使った後の変化がよく分からないことがあります。

これを確実にするためにも定期的に、気になる頭頂部分などの写真を撮っておくことです。

これによって、頭皮の変化量を確認することができ、短い間隔で育毛剤の効果をチェックしていくことが出来るのです。

これをやっておかないと、新しい育毛剤に切り替えたときにその効果がよく分からない状態になってしまうのです。

こまめに頭皮の状態をチェックして、頭皮環境を良くしていくことが大事なのです。

薄毛種類と育毛剤の基本的なケア

薄毛になってしまう原因はそれぞれ異なるとは思いますが、そのため育毛剤を選ぶ際にも人それぞれ違ってくるとも言えます。

薄毛の種類はいくつかありますが、M字型による前頭部から徐々に左右に広がって後退していきますが、前頭部に髪が残ることも多く、また多くの男性がこれになるようです。

U字型は額の中央から円形状に抜け後退していく薄毛になりますが、進むと髪で隠すのも困難になります。

O字型は頭頂部から薄くなり、円形になることが多くありますが、多くは西洋人に見られる薄毛です。

また原因には動物性食品摂取の多さがあるようです。

混合などもあり、これはO字型、M字型が同時に起きるということになります。

育毛剤を使用することで、育毛を促進させ抑制することがあります。

毛髪の成長させることで、細胞を活性化させて育毛に必要な栄養を頭皮に送りやすくさせます。

また痛みがちな頭皮に関しても優しく潤すことで再生率も高めることになります。

育毛剤を使うといっても基本はやはり、髪をしっかり洗い、しっかり濯ぎ、しっかり乾かすことです。

そして育毛剤を使用して、さらにマッサージを取り入れるのも効果的になります。

また育毛剤以外にもサプリで補う方法も髪を育てる手段として有効とも言えるでしょう。

AGAになりやすい遺伝と戦う育毛剤

AGA男性型脱毛症は男性ホルモンのテストステロンが毛髪の成長期を短くするジヒドロテストステロンに変化することが原因です。

血流に乗って毛乳頭に運ばれたテストステロンが5αリダクターゼと結合することで変化します。

頭部全体の毛髪が薄くなるのではなく、額の生え際や頭頂部の毛髪が薄くなるのが特徴です。

しかしどの男性でも発症するのではなく、中には発症が見られない男性も多く見られます。

この差が出るのは遺伝が大きく関わっていると考えられています。

特に母方の遺伝子を受け継いでいることが多く母方の父、ご自身の祖父に当たる人で薄毛が見られたら要注意です。

しかし要注意と言われても遺伝しているのではどうしようもないのではと思われる男性は多いと思います。

そんなときでも遺伝と戦ってくれる育毛剤があるのでAGA対策が可能です。

どの育毛剤でもAGAに有効と言うわけでは無いです。

育毛剤によっては期待できないものがあるので選び方が大切です。

AGA対策したいときは5αリダクターゼを阻害する作用がある成分が配合されている育毛剤を選びます。

ノコギリヤシエキス、オウゴンエキスなどいろいろな植物由来の成分で5αリダクターゼを阻害する作用があります。

育毛剤の成分表にあるかどうかチェックしてみると良いです。

育毛剤使用後の抜け毛にある二つの原因

抜け毛を止め薄毛を治療するために使用している育毛剤が原因で、かえって抜け毛が発生することは多くあります。

真剣に薄毛の治療を考えるのなら、抜け毛の原因となっているものを知らなければなりません。

その抜け毛が育毛剤の作り出すサイクルにより、抜けるべき毛として抜けているのならば、何ら問題は生じません。

育毛剤は髪が生え成長し育つあり方をサポートするものであり、既に抜けることが定められている、いわば隠れ抜け毛の状態にある毛は、育毛剤で成長のスピードを速めることにより自然な成り行きで抜けていきます。

これは頭皮や髪に育毛剤の効果が表れている証であり、見えない部分では改善もされ出していることが予想されますので、使い続けても何ら問題は起こりません。

ただ体質に育毛剤が合わず、頭皮が炎症を起こして抜け毛が生じている場合は早めに使用を中断しなければ、被害がもっと大きくなる可能性があります。

頭皮が赤く腫れていたり、フケやかゆみが生じていたりという変化を敏感に察知して、育毛剤が肌に合っていない事実にいち早く気づき対処しましょう。

もう少し使い続けていれば慣れてくるだろうと気楽に考えているうちに、頭皮への被害は進んでいってしまいます。

育毛剤の初心者はまずは5αリダクターゼを

育毛剤の世界には何年もの経験を元に育毛に励んでおられる方が少なくありません。

普通に考えたら諦めたりすることも多いのですが、中には夢追い人のように諦めないで頑張っている人もいるものです。

そういったベテランというか玄人のような達人はともかく、今まさに髪の毛が薄くなってきたことに効き感を抱き始めて、どうこうしようと考えている人には5αリダクターゼの理解をおすすめします。

5αリダクターゼというものは還元酵素と呼ばれるもので、脱毛因子と呼ばれる場合もあります。

この脱毛因子の5αリダクターゼを抑制できると髪の毛が抜け落ちる可能性を狭めることになるため、育毛剤の初心者さんはこの点を重要視してチョイスしてみるとよろしいかと存じます。

大体の育毛剤というものは、それ以外の育毛剤とくらべて差を出すために個性を出そうとしています。

そのため、むやみやたらに手を出してしまうと、効果が期待できるのか効果が期待できない偽物なのかわからないままチャレンジしてしまうことになりかねません。

脱毛の原因の大きなポイントに脱毛因子の存在があることから、まずは王道的なものをシラミ潰していくほうが育毛への近道になる可能性が高いといえるでしょう。

育毛剤の通販サイトの使い方

育毛剤を探す時は販売店だけではなく通販サイトを使うと便利で、様々な種類の中から内容を比較して選べます。

自分に適した種類を探す時は安全性を確かめ、髪を効率的に増やせるように考えて計画を立てると効果的です。

通販サイトはインターネットを使って空いた時間を使って自分に適した種類を探すことができ、専門店の商品を多く扱っているため空いた時間を使って商品に関する情報を確かめると有意義に使えます。

育毛剤は髪を増やすことだけではなく頭皮の健康を維持できるように考えて決め、含まれる成分の特徴を確かめて安心して使えるように決めることが大事です。

通販サイトは対面販売でないため商品に関する疑問点を知る時は口コミを確かめ、内容を比較して安心して使えるように決める方法が望ましいです。

髪を増やす時は頭皮に負担をかけないように含まれる成分の特徴など内容を確かめ、長く安心して使えるように決める必要があります。

育毛剤の通販サイトの使い方は商品に関する情報を確かめて決め、後悔をしないように口コミなどの内容を参考にして選ぶ方法が最適です。

育毛は第一印象を改善するきっかけになり、周囲からのイメージを良くすることを考えて正しく使うと効果を出せます

女性ですが育毛剤を愛用してます

育毛剤といえば、なんとなく男性的な印象を持ってしまったり、女性にとってはややハードルが高く思える存在ですが、最近は嬉しいことに女性用育毛剤が増えていたり、男性専用ではなく男女両方使える育毛剤も豊富に登場しています。

私は、産後非常に薄毛が進行してきてしまい、シャンプーをする度にごっそりと髪が抜けてしまったり、非常に前髪が減ってきてしまって以前のようなヘアスタイルが楽しめなくなって本当にストレスだったので、意を決して育毛剤を使い始めました。

育毛剤と云えば、強い清涼感や刺激がありそうで不安でしたが、いざ使ってみるとほとんど清涼感など無く、全く刺激なく使用できたり、女性用育毛剤ということもあってか地肌がしっとりと潤う感じの心地良いテクスチャーで安心しました。

育毛剤はノズルタイプやスプレータイプなど、いろいろなタイプがありますが、髪の分け目や薄毛が目立ちやすい箇所などには、特に多めに液を塗りこんでおくと大切です。

育毛剤は髪そのものに塗りこむトリートメントと違い、地肌の毛母細胞を活性化させたり、地肌へと育毛剤の良い栄養成分を届け入れることが大切なので、髪ではなく必ず地肌へ塗りこむことが大切です。

育毛剤を塗った後は、地肌を押し揉みして浸透力をより深めるようにしたり、2,3分程度で良いので指の腹を活用し、決して力を入れなくて良いので優しく地肌を解してあげるとおすすめです。私が使ったサイト:ベルタ育毛剤口コミ

養毛剤と育毛剤の違いとは

髪を増やすための薬と言えば、育毛剤、養毛剤、発毛剤です。

育毛剤と発毛剤は何となくイメージできると思います。

では、養毛剤はどうでしょうか。

『毛を養う』ということですが、一体どのようなものなのでしょうか。

養毛剤について知る前に、まずは育毛剤について確認しておきましょう。

育毛剤は、頭皮の環境を整えることで、発毛作用を促進させようとするものです。

血流が悪くなっているのを改善したり、痛んでいる頭皮の状態を改善したりしてくれます。

次に養毛剤ですが、養毛剤は毛を保護してくれるものです。

毛髪や頭皮に水分を与えるなどして、健康な状態を維持しようというのが養毛剤なのです。

育毛剤は毛を育てる環境を整備するものであると言えます。

対して、養毛剤の場合、今ある毛が健康であれるように養っていくものであると言えます。

このことから、育毛剤の方が効果が大きいと言うことができます。

では、養毛剤ではダメなのかと言われると、そのようなことはありません。

薄毛は誰にでも起こりうることです。

薄毛を予防するために養毛剤は効果的であると言えるので、まだ髪の毛の量に悩んでいないという方なら薄毛予防にぴったりです。

自分に合ったタイプの薬を選んで、しっかり効果を得ましょう。

大手のネットショップで育毛剤を買う

効果が高い育毛剤を探す為には、ネットショップの情報をチェックすることです。

大手のネットショップは様々な育毛剤を販売しているのですが、その育毛剤を購入した人達は、そのショップのポイントをゲットするためにレビューを書くことがあります。

様々な育毛剤のレビューを総合していくと、その製品がどれくらい支持されているのか分かってきます。

このようなレビューのポイントを総合していき最も効果が高そうな育毛剤を使っていけば良いのです。

最高に支持している人が多い育毛剤だったとしても、自分の頭皮において全く同様な結果が出るとは限らないのです。

なので、育毛剤の効果をより高めていくためには、自分の頭皮においてどのような変化が出るのがチェックしていくことが大事になってくるのです。

そして、自分の頭皮でその育毛剤を確認し非常に良い結果が出たのであれば、その内容を自分でデビューする事も良い考え方になります。

そのネットショップのポイントが集まっていけば、新たな育毛剤を買うときにそのポイントが使えるかもしれないのです。

このように、育毛剤においては微妙な効果をチェックする事になるため、いろいろな人達の意見を聞くごとによって、その傾向を確認する事が出来るのです。

育毛剤のタイプを間違えないようにする

朝起きてから考えなければいけないのは、抜け毛の量が増えていないかどうかのチェックです。

布団周りや枕周辺に多くの髪だけが落ちているのであれば、抜け毛が悪化しているという証拠になります。

この抜け毛の量を確認しておけば、改善したときにその変化量をチェックする事が出来るはずです。

そして、育毛対策の中心となる育毛剤を使い始めるのですが、その時のポイントは、自分の頭皮にあったタイプを選ぶことです。

育毛剤は、頭皮が脂が多い人のタイプのオイリータイプと、乾燥してしまう人の乾燥肌タイプがあるのです。

どちらの育毛剤を使えば自分の頭皮にベストな結果が出るのか事前にチェックする事です。

ただ、頭皮を触って脂がつくのでオイリータイプだと判断するのは間違っているかもしれないのです。

様々な状況で頭皮をチェックしていき、自分の選ぶべき育毛剤がどのタイプなのかをよく考えることです。

そして、育毛剤を使い続けてチェックしていかなければいけないのは抜け毛の量です。

これは、寝起きの際に枕元をチェックする方法と、シャンプーの時にどれくらい抜けたか確認する方法があります。

基本的には、髪の毛に刺激を与えるシャンプーをしているときに多く受けるので、その時の数をチェックするようにします。

育毛剤に大豆商品を加えてみる

髪の毛を生やすためには、まずは抜け毛を改善させなければなりません。

抜け毛は5αリダクターゼのせいで増えている部分が大きいので、育毛剤には5αリダクターゼを抑制する成分を含有しているようなものをチョイスするといいかもしれません。

しかしながら、それだけでは不十分な場合も多いです。

なぜかというと、髪の毛は増やすのと同時に抜け毛を予防することが大切だからです。

先程の例でいえば5αリダクターゼを抑制するだけで「抜け毛予防」にしか言及していません。

これでは付け焼刃的な理論に過ぎません。

そこで、髪の毛を増やす方法も合わせて行うことでより育毛剤の抜け毛予防効果も高まるというわけなのです。

色々な増やす方法があるかもしれませんが、髪の毛の成分がアミノ酸のケラチンという成分で構成されている以上は、ケラチンを補充できるようなものがいいでしょう。

ケラチンは言い換えるとたんぱく質なのですが、たんぱく質で代表的な食材といえば大豆しかありえません。

とくに女性で抜け毛に悩んでいる人は、大豆食品をおすすめします。

なぜかというと、たんぱく質の他にエストロジェンを含んでいるといわれるからです。

エストロジェンは女性の脱毛の原因のひとつなので同時に解決できる可能性が高まるのです。