女性ですが育毛剤を愛用してます

育毛剤といえば、なんとなく男性的な印象を持ってしまったり、女性にとってはややハードルが高く思える存在ですが、最近は嬉しいことに女性用育毛剤が増えていたり、男性専用ではなく男女両方使える育毛剤も豊富に登場しています。

私は、産後非常に薄毛が進行してきてしまい、シャンプーをする度にごっそりと髪が抜けてしまったり、非常に前髪が減ってきてしまって以前のようなヘアスタイルが楽しめなくなって本当にストレスだったので、意を決して育毛剤を使い始めました。

育毛剤と云えば、強い清涼感や刺激がありそうで不安でしたが、いざ使ってみるとほとんど清涼感など無く、全く刺激なく使用できたり、女性用育毛剤ということもあってか地肌がしっとりと潤う感じの心地良いテクスチャーで安心しました。

育毛剤はノズルタイプやスプレータイプなど、いろいろなタイプがありますが、髪の分け目や薄毛が目立ちやすい箇所などには、特に多めに液を塗りこんでおくと大切です。

育毛剤は髪そのものに塗りこむトリートメントと違い、地肌の毛母細胞を活性化させたり、地肌へと育毛剤の良い栄養成分を届け入れることが大切なので、髪ではなく必ず地肌へ塗りこむことが大切です。

育毛剤を塗った後は、地肌を押し揉みして浸透力をより深めるようにしたり、2,3分程度で良いので指の腹を活用し、決して力を入れなくて良いので優しく地肌を解してあげるとおすすめです。私が使ったサイト:ベルタ育毛剤口コミ

養毛剤と育毛剤の違いとは

髪を増やすための薬と言えば、育毛剤、養毛剤、発毛剤です。

育毛剤と発毛剤は何となくイメージできると思います。

では、養毛剤はどうでしょうか。

『毛を養う』ということですが、一体どのようなものなのでしょうか。

養毛剤について知る前に、まずは育毛剤について確認しておきましょう。

育毛剤は、頭皮の環境を整えることで、発毛作用を促進させようとするものです。

血流が悪くなっているのを改善したり、痛んでいる頭皮の状態を改善したりしてくれます。

次に養毛剤ですが、養毛剤は毛を保護してくれるものです。

毛髪や頭皮に水分を与えるなどして、健康な状態を維持しようというのが養毛剤なのです。

育毛剤は毛を育てる環境を整備するものであると言えます。

対して、養毛剤の場合、今ある毛が健康であれるように養っていくものであると言えます。

このことから、育毛剤の方が効果が大きいと言うことができます。

では、養毛剤ではダメなのかと言われると、そのようなことはありません。

薄毛は誰にでも起こりうることです。

薄毛を予防するために養毛剤は効果的であると言えるので、まだ髪の毛の量に悩んでいないという方なら薄毛予防にぴったりです。

自分に合ったタイプの薬を選んで、しっかり効果を得ましょう。