AGAになりやすい遺伝と戦う育毛剤

AGA男性型脱毛症は男性ホルモンのテストステロンが毛髪の成長期を短くするジヒドロテストステロンに変化することが原因です。

血流に乗って毛乳頭に運ばれたテストステロンが5αリダクターゼと結合することで変化します。

頭部全体の毛髪が薄くなるのではなく、額の生え際や頭頂部の毛髪が薄くなるのが特徴です。

しかしどの男性でも発症するのではなく、中には発症が見られない男性も多く見られます。

この差が出るのは遺伝が大きく関わっていると考えられています。

特に母方の遺伝子を受け継いでいることが多く母方の父、ご自身の祖父に当たる人で薄毛が見られたら要注意です。

しかし要注意と言われても遺伝しているのではどうしようもないのではと思われる男性は多いと思います。

そんなときでも遺伝と戦ってくれる育毛剤があるのでAGA対策が可能です。

どの育毛剤でもAGAに有効と言うわけでは無いです。

育毛剤によっては期待できないものがあるので選び方が大切です。

AGA対策したいときは5αリダクターゼを阻害する作用がある成分が配合されている育毛剤を選びます。

ノコギリヤシエキス、オウゴンエキスなどいろいろな植物由来の成分で5αリダクターゼを阻害する作用があります。

育毛剤の成分表にあるかどうかチェックしてみると良いです。

育毛剤使用後の抜け毛にある二つの原因

抜け毛を止め薄毛を治療するために使用している育毛剤が原因で、かえって抜け毛が発生することは多くあります。

真剣に薄毛の治療を考えるのなら、抜け毛の原因となっているものを知らなければなりません。

その抜け毛が育毛剤の作り出すサイクルにより、抜けるべき毛として抜けているのならば、何ら問題は生じません。

育毛剤は髪が生え成長し育つあり方をサポートするものであり、既に抜けることが定められている、いわば隠れ抜け毛の状態にある毛は、育毛剤で成長のスピードを速めることにより自然な成り行きで抜けていきます。

これは頭皮や髪に育毛剤の効果が表れている証であり、見えない部分では改善もされ出していることが予想されますので、使い続けても何ら問題は起こりません。

ただ体質に育毛剤が合わず、頭皮が炎症を起こして抜け毛が生じている場合は早めに使用を中断しなければ、被害がもっと大きくなる可能性があります。

頭皮が赤く腫れていたり、フケやかゆみが生じていたりという変化を敏感に察知して、育毛剤が肌に合っていない事実にいち早く気づき対処しましょう。

もう少し使い続けていれば慣れてくるだろうと気楽に考えているうちに、頭皮への被害は進んでいってしまいます。